当ページは 安心輸入、即日発送します。
ホーム> 情報 > 健康情報 > 乳房の大きさや硬さが急激に変化し、それにともない

乳房の大きさや硬さが急激に変化し、それにともない

妊娠すると乳房が急に大きくなり、乳房が張ったり、痛みをともなったりすることがあります。これらの変化は女性ホルモンの分泌量が急増するために起こります。出産後の授乳期に乳腺の痛みを引き起こすことがあります。乳房の成長には、女性ホルモンが大きく関与しています。女性ホルモンの分泌量が急に増える成長期には、乳房の大きさや硬さが急激に変化し、それにともない、痛みやしこりのようなものを感じることがあります。乳房は、母乳(乳汁)の出口となる乳頭(乳首)、乳汁を作る働きをもつ乳腺と脂肪でできています。女性ホルモンの分泌の影響や、乳房の疾患によって、乳房に痛みやしこりがあらわれます。具体的には生理前に分泌されるホルモンの作用によって、乳房に張りや痛みを感じます。
女性ホルモンの変動によって、乳腺内の血管の膨張や乳腺組織の増加のためと考えられています。生理前になると心と体に不快な症状があらわれ、日常生活に支障をきたす状態を月経前症候群といいます。下腹部が痛くなったり、重くなったりするとともに、胸の張りや痛み、顔や手足のむくみ、肩こり、イライラ、ゆううつ感、疲れやすいなどの症状があらわれます。また、便秘や吹き出物などを訴える場合もあります。急性乳腺炎には母乳が乳房に溜まって炎症を起こす急性うっ滞性乳腺炎と細菌感染によって炎症を起こす急性化膿性乳腺炎があります。急性うっ滞性乳腺炎は初産の女性に多く、出産後母乳の通り道となる乳管が十分に開いていないことや、赤ちゃんが上手に乳を飲めないために母乳が出口を失い、乳腺の中に溜まり、乳房が腫れ、熱や痛みを持つようになります。
急性乳腺炎には、急性うっ滞性乳腺炎と、乳頭にできた傷口や乳管口から細菌感染することで炎症を起こす急性化膿性乳腺炎があります。急性化膿性乳腺炎は、ほとんどの場合、うっ滞性乳腺炎が誘因になります。急性化膿性乳腺炎には悪寒や震えをともなう高熱が出ることが多く、乳房が赤く腫れひどく痛みます。さらに腫れや痛みはわきの下のリンパ節にまで広がることもあります。急性化膿性乳腺炎は治療が不十分の場合に慢性化することもあります。親族ががんにかかったことがある人などがかかりやすいことがわかっています。乳房に痛みのない硬いしこりができて、押しても動かないのが特徴です。進行すると、皮膚にへこみが生じたり、乳首から血の混じった分泌物が出るといった症状が起こることがあります。

即効ダイエットの別の製品:

ホーム | 情報 | (ラベル) | 新規登録 | 会員入り口 | ヘルプページ | サイトマップ | RSS

巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの中国の漢方薬の100%正規品だと確保いたします.

中国漢方会社 Copyright(C)2006 bestkanpou.com All Rights Reserved