当ページは 安心輸入、即日発送します。
ホーム> 情報 > 健康情報 > 睡眠不足や過労、飲酒などで自律神経のバランスが乱れると起こりやすくなり

睡眠不足や過労、飲酒などで自律神経のバランスが乱れると起こりやすくなり

脈が1回抜けるように感じたりドックンと強く打つように感じる、いわゆる「脈が飛ぶ」という症状です。睡眠不足や過労、飲酒などで自律神経のバランスが乱れると起こりやすくなります。寝入りばなや睡眠中、起床時は、自律神経の一つであり、リラックス状態をつくる副交感神経が優位に働きます。このため、心臓の拍動がゆったりとなり、脈拍が減少します。通常の変動では、ほとんど問題はありませんが、脈拍が少なくなりすぎると心臓から体内に送られる血液量が減少して慢性的な酸欠状態になり、めまいや失神が起こるなど危険な状態に陥ることがあります。
心臓は、全身の動脈へ血液を送り出すために規則的に収縮したり、全身の静脈から心臓に血液を取り込むために拡張したりしています。この動きを心拍動といい、1分間に60~80回ほど繰り返します。心筋梗塞は、心臓の筋肉に血液を送り込む冠動脈が狭くなり、そこを血液が固まってできる血栓がふさいで血流が完全に止まってしまう状態です。心筋の一部が壊死してしまうことから、死に至ることもあります。脈拍の異常や強い動悸をはじめ、胸やみぞおちに激痛が起こり、吐き気や冷や汗などもみられ、胸の痛みは30分から数時間続きます。主な原因は動脈硬化ですが、これに高血圧や糖尿病、肥満、喫煙などが重なるとリスクが高まります。脈拍は、主に心臓の働きに左右されるため、異常があるときは心筋梗塞、狭心症、心房細動、心筋症、心筋炎や心臓弁膜症などの心臓の疾患を疑う必要があります。心臓の上方をしめる薄い筋肉でできた心房が、異常な刺激で不規則に震え、心臓が正しく収縮できない状態です。拍動、脈拍の異常、強い動悸や息苦しさなどがあり、放置すると心不全や脳梗塞を引き起こし、死に至ることもあります。心臓に疾患がある人に多いのですが、健康な人でも睡眠不足や過労、飲酒、喫煙などがきっかけで起こることがあります。
年齢とともに増える傾向があります。心臓にある4つの弁のどれかが十分開かなくなったり、閉まらなくなったりして働きが損なわれると、脈拍の異常が起こり、動悸や息切れ、胸の痛みなどが起こります。しかし、症状はジワジワと進行していくため、自覚症状がない場合も多くあります。先天性のものや、菌の感染により全身に炎症が起こるリウマチ熱などによるもの、また加齢にともなって動脈硬化と同じような変化が起こり、心臓の弁が硬くなって動きにくくなるといったこともあります。ヘモグロビンの数値が男性は13.0g/dl以下、女性は12.0g/dl以下になると、貧血とされています。全身に血を送ろうとするために心臓が活発に活動するので、ちょっとした動作でも脈が速くなったり、動悸が起こる他、冷え、倦怠感、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛などの症状が起こります。

即効ダイエットの別の製品:

ホーム | 情報 | (ラベル) | 新規登録 | 会員入り口 | ヘルプページ | サイトマップ | RSS

巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの中国の漢方薬の100%正規品だと確保いたします.

中国漢方会社 Copyright(C)2006 bestkanpou.com All Rights Reserved