当ページは 安心輸入、即日発送します。
ホーム> 情報 > 健康情報 > 胃酸が逆流しやすくなり、胸やけを起こすことがあり

胃酸が逆流しやすくなり、胸やけを起こすことがあり

加齢によって筋力が低下すると食道の筋肉もしなやかさを失い、胃酸が逆流しやすくなり、胸やけを起こすことがあります。また肥満になると胃や食道の筋肉がゆるみ、そこに腹圧が加わって胃酸が逆流し、胸やけを引き起こします。みぞおちから胸骨の下あたりの食道が締め付けられたり、チリチリと焼けつくように感じられるのが胸やけです。胃酸が逆流し、食道を刺激したり、炎症を起こしたりすることが原因です。暴飲暴食をしたり、消化しにくいものを多く食べると、大量の胃酸が分泌され食道へ逆流して、胸やけが起こることがあります。とくに脂っこいものは消化しにくいといわれています。
またアルコールやタバコ、香辛料、果汁、炭酸飲料も胃酸の分泌を促進するので、胸やけの原因になります。ストレスを受け続けると胃や十二指腸の働きをコントロールしている自律神経が乱れて、胃酸が過剰に分泌されることがあります。多すぎる胃酸が食道に逆流することで、胸やけを引き起こします。このピロリ菌は胃酸から身を守るために常にアンモニアを出し続けています。ピロリ菌が粘膜を傷つけるメカニズムには多くの説があり、複数のメカニズムが絡んでいると考えられています。一つには、ピロリ菌が出すアンモニアが胃の粘膜を繰り返し傷つけ、慢性胃炎を繰り返し、胸やけの原因になります。主にピロリ菌、慢性的なストレスや食べすぎ飲みすぎで起こると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。突然胃痛や吐き気が起こり、多くは胸やけや胃痛、胃もたれ、膨満感、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍に進行することもあります。近年増加傾向にある症状で、暴飲暴食の習慣や加齢、肥満などが原因で胃酸が逆流しやすくなった状態です。
胸やけをはじめ、のどや胸のつかえが起こります。胸やけは、とくに食後に起こりやすくなります。肥満傾向にある人や、腰が曲がり背中が丸くなったお年寄りに多くみられます。ピロリ菌やストレスなどが原因で起こると考えられています。胃から出る胃酸・消化酵素と、胃酸から粘膜を守る粘液のバランスが崩れ、消化酵素によって十二指腸の粘膜が消化され、局所的に粘膜が欠損した状態です。十二指腸潰瘍は胃酸が潰瘍を刺激しますから、早朝や空腹時にみぞおち周辺がシクシクと痛み、食事をとると治まります。胃の粘膜や胃壁が欠損した状態で、ときには貫通することもあります。これにはピロリ菌と消化作用を持つ胃酸・消化酵素が関わっています。特徴的な症状は、みぞおち周辺のズキズキとした重苦しい痛みです。

即効ダイエットの別の製品:

ホーム | 情報 | (ラベル) | 新規登録 | 会員入り口 | ヘルプページ | サイトマップ | RSS

巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの中国の漢方薬の100%正規品だと確保いたします.

中国漢方会社 Copyright(C)2006 bestkanpou.com All Rights Reserved