当ページは 安心輸入、即日発送します。
ホーム> 情報 > 健康情報 > 風邪やインフルエンザは下痢などの胃腸症状をともなう場合があり

風邪やインフルエンザは下痢などの胃腸症状をともなう場合があり

適量を超えたアルコールや炭酸飲料などによって、胃酸の分泌が乱れ、消化酵素を分泌するすい臓の働きも低下し、消化不良が起こりやすくなります。消化不良が起こったら、まずはゆっくり休んで疲れをとりましょう。食事は、脂っこい食べ物や刺激のある食べ物は控え、鶏肉、白身の魚、豆腐など消化の良い食品を食べるといいでしょう。また、下痢をしているときは脂肪の多い食品や繊維の豊富な野菜など胃腸に刺激を与える食べ物は控え、脱水症状にならないように水分を十分にとるように心がけましょう。
長い間消化不良が続くときや、下痢や腹痛が長く続くときは内科や胃腸科、消化器科で診察を受けましょう。食べすぎ飲みすぎによる消化不良が起こったら、胃腸薬を服用してみましょう。ストレスによる胃腸の不具合には、健胃消化作用のある生薬が配合された漢方処方の胃腸薬が、また下痢をともなう消化不良には、腸内のバランスを整える乳酸菌配合の止瀉薬(ししゃやく)が効果的です。食べたものは、胃腸の運動や胃酸、消化酵素などによって消化され、吸収されやすい形になります。器官や筋肉、神経など身体的な疾患がないのに、胃腸の働きが低下して膨満感、胸やけ、吐き気、食欲不振などさまざまな症状が慢性的にあらわれるのが消化不良です。
また、疲れが溜まって体力が落ちているときは免疫力も低下しますから、細菌やウイルスに感染しやすくなります。風邪やインフルエンザは下痢などの胃腸症状をともなう場合があり、消化不良の原因となることがあります。体に必要な栄養素と水を吸収できない障害があるために、栄養が不足します。症状としては慢性的な下痢、体重減少、全身のむくみ、貧血、口内炎などを引き起こします。また、脂肪が多く含まれる脂肪便が排出されます。通常の便は便器の水の中に沈みますが、脂肪便は浮くのが特徴です。

即効ダイエットの別の製品:

ホーム | 情報 | (ラベル) | 新規登録 | 会員入り口 | ヘルプページ | サイトマップ | RSS

巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの中国の漢方薬の100%正規品だと確保いたします.

中国漢方会社 Copyright(C)2006 bestkanpou.com All Rights Reserved