当ページは 安心輸入、即日発送します。
ホーム> 情報 > 健康情報 > 胃の排出機能が弱まると、胃もたれを引き起こしやすくなります

胃の排出機能が弱まると、胃もたれを引き起こしやすくなります

胃の中に留まっているために胃が重く感じる、むかつくなどの不快感などの症状があらわれることを胃もたれといいます。主に胃から十二指腸への排出機能の低下によって起こりますが、慢性的に胃もたれを感じるようなときは、疾患が原因になっていることもあります。運動不足や加齢によって、胃の排出機能が弱まると、食べ物が長い時間胃に滞留することになりますから、胃もたれを引き起こしやすくなります。またタバコに含まれるニコチンも、胃の排出機能を低下させます。暴飲暴食をしたり、消化しにくいものを食べると、消化不良になり胃もたれが起こることがあります。とくに脂っこいものは胃から十二指腸への排出が遅いので、胃もたれを起こしやすくなります。
またアルコールやタバコ、香辛料、果汁、炭酸飲料のとりすぎも胃もたれの原因になります。胃が正常な位置より垂れ下がった状態が胃下垂です。自覚症状がなければ胃下垂そのものは疾患ではありません。しかし、あまり垂れ下がりすぎると胃のぜん動運動が正常に行われなくなり、胃の働きが低下します。慢性的なストレスや食べすぎ飲みすぎで起こると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。突然胃痛や吐き気が起こり、多くは胃もたれや胃痛、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍に進行することもあります。胃から出る胃酸・消化酵素と、胃酸から粘膜を守る粘液のバランスが崩れ、消化酵素によって十二指腸の粘膜が消化され、局所的に粘膜が欠損した状態です。十二指腸潰瘍は胃酸が潰瘍を刺激しますから、早朝や空腹時にみぞおち周辺がシクシクと痛み、食事をとると治まります。病院でピロリ菌検査を受けると、ピロリ菌感染の有無がわかります。いくつか検査方法がありますが、吐いた息で検査するなど、比較的どれも簡単なものです。そして、このピロリ菌は病院で処方された薬を服用するだけで痛みもなく除去することができます。
除菌をすることにより、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、さらには胃がんを予防することや、潰瘍の再発を抑える効果も認められています。食べ物を消化するためには多くの血液が必要です。食後すぐに仕事をしたり、外出したり、お風呂に入るなど体を動かしてしまうと、消化に必要な血液が手足に流れてしまいます。食後30分はゆっくりと休む習慣をつけましょう。食欲不振や食べすぎ飲みすぎによる胃痛、胃もたれ、胸やけ、腹部の膨満感などには胃腸薬を服用してみましょう。また、ストレスからくる胃痛、下痢、のどのつかえ感などの胃腸の不具合には、神経性胃炎の効能のある胃腸薬や、最近では症状ごとに選べる新しいタイプの漢方処方の胃腸薬もあります。

即効ダイエットの別の製品:

ホーム | 情報 | (ラベル) | 新規登録 | 会員入り口 | ヘルプページ | サイトマップ | RSS

巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの中国の漢方薬の100%正規品だと確保いたします.

中国漢方会社 Copyright(C)2006 bestkanpou.com All Rights Reserved