当ページは 安心輸入、即日発送します。
ホーム> 情報 > 健康情報 > ピロリ菌は胃酸から身を守るために常にアンモニアを出し続けています

ピロリ菌は胃酸から身を守るために常にアンモニアを出し続けています

唐辛子などの刺激の強い食べ物や濃度の高いアルコールを過剰にとることで、急性の胃炎が起こることがあります。食べすぎや飲みすぎ、ストレス、タバコの吸いすぎなどの生活習慣やウイルス、そしてピロリ菌が一部に関与する急性胃炎と、原因の約8割をピロリ菌が占め、その他薬の副作用などによって引き起こされる慢性胃炎があります。ピロリ菌の感染は、放置すると胃潰瘍、十二指腸潰瘍に進行することがありますので、注意が必要です。胃の粘膜に炎症が起きた状態が胃炎です。ヘリコバクター・ピロリ菌は胃の強い酸の中で生息する細菌です。このピロリ菌は胃酸から身を守るために常にアンモニアを出し続けています。
ピロリ菌が粘膜を傷つけるメカニズムには多くの説があり、複数のメカニズムが絡んでいると考えられています。ピロリ菌が出すアンモニアが胃の粘膜を繰り返し傷つけることが、慢性胃炎の原因の約8割をしめています。原因の約8割がピロリ菌の感染によるものですが、その他、非ステロイド性抗炎症薬の副作用や慢性的なストレスなども原因になると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。突然胃痛や吐き気が起こり、多くは胃もたれや胃痛、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍に進行することもあります。
自律神経のバランスを整える呼吸法でリラックスして、ストレスを遠ざけましょう。おへその下に意識を集中させて、お腹に空気を入れる感覚でゆっくりと鼻から息を吸います。食事の際は、消化の悪い脂っこいものばかりとりすぎないように注意し、腹八分目を心がけましょう。食欲不振や食べすぎ飲みすぎによる胃痛、胃もたれ、胸やけ、腹部の膨満感などには胃腸薬を服用してみましょう。また、ストレスからくる胃痛、下痢、のどのつかえ感などの胃腸の不具合には、神経性胃炎に効果的な漢方処方の胃腸薬を服用してみましょう。免疫力が弱く、胃酸の分泌量も少ない幼児期に感染することが多いといわれています。また親がピロリ菌に感染していると、子どもも感染しているケースが多いというデータもあり、親子感染の可能性が指摘されています。

即効ダイエットの別の製品:

ホーム | 情報 | (ラベル) | 新規登録 | 会員入り口 | ヘルプページ | サイトマップ | RSS

巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの中国の漢方薬の100%正規品だと確保いたします.

中国漢方会社 Copyright(C)2006 bestkanpou.com All Rights Reserved