当ページは 安心輸入、即日発送します。
ホーム> 情報 > 健康情報 > 声の使いすぎなどによって声帯に腫れ物ができる声帯ポリープや声帯結節があり

声の使いすぎなどによって声帯に腫れ物ができる声帯ポリープや声帯結節があり

声帯は加齢にともなって変化します。お年寄りの場合、声帯が萎縮し、2枚のひだの間にすき間ができていることが多く、そのすき間から息が漏れ、かすれたような声になります。声のかすれは、正式には嗄声(させい)といい、声の音質の異常を意味しています。のどには、食べ物の通り道の咽頭(いんとう)と空気の通り道の喉頭(こうとう)があります。声を出す機能は喉頭の中央部にあるひだ状の声帯が担っています。カラオケなどで歌いすぎて声帯を酷使したり、歌手や教師、アナウンサーやナレーターなど仕事で声帯を酷使した場合、声帯が炎症やむくみを起こし、声がかすれることがあります。
この声帯に炎症などの異常が起きると声帯の振動に影響が出るため、声がかすれます。声帯は加齢にともなって変化します。お年寄りの場合、声帯が萎縮し、2枚のひだの間にすき間ができていることが多く、そのすき間から息が漏れ、かすれたような声になります。タバコの煙に含まれるタールは、気管や気管支を刺激して声帯に炎症を起こします。また、中年以降の喫煙者の中には、声帯がむくんで腫れることによって声がかすれる人が多くみられます。アルコール度数の高いお酒も、のどを刺激して炎症を引き起こすため、声のかすれの原因となります。風邪やインフルエンザに感染することによって喉頭に炎症が起きる喉頭炎では、粘膜が赤く腫れ上がってのどの痛みや咳、声がれが起こり、くしゃみや鼻汁、頭痛、発熱、だるさなどの症状をともないます。
多くの場合、風邪やインフルエンザが治れば喉頭炎も治ります。免疫の異常によって、甲状腺に慢性の炎症が起こる疾患です。初期の症状は甲状腺の腫れだけですが、炎症が進み、甲状腺の働きが落ちると甲状腺機能低下症が起こる場合があります。元気がなくなったり、声のかすれ、低血圧、皮膚のカサつき、むくみ、生理不順、記憶力の低下などの症状があらわれることがあります。20歳代後半から40歳代の女性に多く発症します。声帯にタコのような小さく硬い突起ができ、声がかすれ、高い声が出にくくなります。声帯ポリープと同様、声の使いすぎが原因で、高い声を出す女性や大声でしゃべる子どもに多くみられます。無理に声を出し続けると結節がしだいに固くなり、手術が必要になります。

即効ダイエットの別の製品:

ホーム | 情報 | (ラベル) | 新規登録 | 会員入り口 | ヘルプページ | サイトマップ | RSS

巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの中国の漢方薬の100%正規品だと確保いたします.

中国漢方会社 Copyright(C)2006 bestkanpou.com All Rights Reserved