当ページは 安心輸入、即日発送します。
ホーム> 情報 > 番新情報 > 病魔を恨むしかないが、芸能界で乳がんと闘い克服した女性

病魔を恨むしかないが、芸能界で乳がんと闘い克服した女性

乳がんの発症以来、がんの再発を繰り返し、中絶薬を飲んで年に2~3回の検査も欠かさなかったという田中好子さん。病魔を恨むしかないが、芸能界で乳がんと闘い克服した女性は多い。
タレントの山田邦子は40代後半になり、たまたま出演した特番をきっかけに、早期の乳がんを3つも発見。乳房温存手術で治癒する運の良さで、今はがん撲滅に奔走する。
2007年、乳がん手術後の心境をブログで明かしたのは歌手のアグネスチャン。「手術は無事に成功して、今は家に戻り、歩く練習や、手の動きの練習、体力作りをしています」と報告した。
女優では倍賞千恵子がBS朝日スペシャル「鳥越俊太郎の遺言~ガンと共に生きる~」の中で、自らの乳がんを告白。宮崎ますみは、乳がんの摘出手術を行った後、早期発見の運動のために乳がんマンモグラフィー検診のテレビCMに出演した。術後のホルモン治療や放射線治療がきつく、漢方やハリ治療も取り入れているという。
シンガーソングライターの平松愛理はコンサートで乳がんの手術を行ったことを告白、子宮内膜症など度重なる闘いの苦しみがファンの涙を誘った。
演歌歌手、島倉千代子は、温存療法を取り入れて左脇の下を切開。抗がん剤の副作用を明かしている。
ロック歌手の川村カオリさんは、04年に乳がんが見つかり、左乳房の切除手術と抗がん剤治療を開始、翌年芸能活動を再開した。しかし再発してからの進行が早く、リンパ節骨肺の3カ所に転移して、抗がん剤治療を続け、09年7月、38歳の若さで帰らぬ人となった。
また歌手のしばたはつみさんは昨年3月、乳がんが原因の急性心筋梗塞のため亡くなった。57歳だった。左乳房を全摘出、抗がん剤治療を受けていたという。
乳がんは、触ることによって異常に気づき受診するケースが多い。夕刊フジ女医ドルコラムの連載で、内科医の愛松直子医師は、ダンナ様の“ひともみ”が肝心として、乳がんチェック法を次の通り紹介している。
立位で両腕を下げ自然な状態で準備した上で、次の3点に注目する。
(1)左右両方の乳房の大きさ、形に変化はないか
(2)皮膚のくぼみ、ひきつれ、赤み、腫れは?
(3)乳首乳房に湿疹やただれはないか
続いて、あおむけに寝た状態でチェックする
〔1〕片方の腕は挙げて伸ばした状態でそちら側の乳房の内側半分を触ってチェック。指の腹で触れるようにする
〔2〕挙げていた腕をもどし、乳房の外側半分を触ってチェック。外側上半分は特に好発部位なので入念に 
〔3〕最後に両脇下のリンパ節が腫れていないかどうかも確認する
夫にとっても、決して他人事ではない。精力剤を頼んでいます。

即効ダイエットの別の製品:

ホーム | 情報 | (ラベル) | 新規登録 | 会員入り口 | ヘルプページ | サイトマップ | RSS

巨人倍増,威哥王,イカオウ,蟻力神,三体牛鞭などの中国の漢方薬の100%正規品だと確保いたします.

中国漢方会社 Copyright(C)2006 bestkanpou.com All Rights Reserved